空き容量を増やせる

オフィス

オンラインストレージとはWeb上にファイルを保存することができるサービスのことです。ハードディスクの負担を減らせる、ファイル共有がしやすくなる、時間と場所を問わずに使える、管理費用が可視化しやすくなるなどがメリットです。

詳しく見る

ITの新しいサービス

男の人

クラウドで社員データ保存

現在のITインフラ利用の特徴として、クラウドコンピューティングを最大に利用するというものがあり、多くのサービスが登場しています。この中でオンラインストレージと呼ばれる、記憶装置をクラウド上において、どこでもいつでもデータを保存できるというサービスがあります。オンラインストレージの利用目的としては、一般的にメールでは添付できない大きなサイズのファイルのやり取りに使われるのです。このオンラインストレージを、従業員の一時的なデータ保存領域として使えるのではと考える企業が出てきています。ひとつの活用例として、営業マンが取引先でプレゼンを行うときに、その資料をパソコンに入れずに、オンラインストレージを使うということです。これによりパソコン紛失などによる、情報流出を防ぐと共に、他の従業員がギリギリまで資料を作成できるということが可能です。このことによりプレゼン資料の精度を高めたり、機密事項の情報を顧客に見せるまで守ることができるのです。次に在宅勤務が行われるようになってきましたが、自宅のPCにデータを持ってくるのに、オンラインストレージを使うことも可能です。これもデータを会社の外に持ち出すときに、紛失することを避けると共に、オンラインストレージのセキュリティ機能でログを残すことも可能です。このログを残すことで、従業員がいつそのデータを利用したのかが、把握できますので、万が一の時の調査にも利用可能です。このようにオンラインストレージは、一般的なデータのやり取りだけではなく、従業員のデータ保存領域としても使えるのです。

無料で導入できるツール

IT

クラウド上にデータを保管するオンラインストレージは、企業の業務効率を大幅に高めるツールです。セキュリティと管理のしやすさを重視することで、自社に最適なサービスを選べます。無料版やトライアル版をまずは試し、導入の準備を始めましょう。

詳しく見る

ディスクの共有利用

社内

オンラインストレージは、インターネットを経由したディスクサービスである。自社内でハードディスクなどを用意することなく活用でき、利便性も高い。セキュリティ対策や同時アクセスなどの考慮がされているサービスが中心である。

詳しく見る

データ管理を楽チンに

オフィス

情報漏えいは企業にとって多くのリスクがあります。そのため、オンラインストレージを使ってデータを保管する時はデータ管理とセキュリティを厳重にしておき、最新の注意を払って取り扱うよう社員自身の防犯意識を育てることも大切です。

詳しく見る

書類を便利に共有化

女性

作成し終わった書類を社内全体で共有することができるサービスが、オンラインストレージというものです。ただし、セキュリティを万全にしたいのなら、会社用に提供されている有料サービスと契約しなければいけません。

詳しく見る

Copyright© 2018 オンラインストレージについて調べよう【企業の成長に役立つ】 All Rights Reserved.