ディスクの共有利用

社内

法人向けサービスの特徴

近年、企業においてファイル共有を行う為の仕組みとして、オンラインストレージを活用するケースが増えている。オンラインストレージは、インターネットを経由して利用できるディスクサービスであり、ファイルを手軽に保存できる魅力がある。従来の方法では、ハードディスクを用意するなどし共有化、社内で活用する方法が一般的であるが、この場合保守などの手間が必要になる。ディスク容量が足りなくなった場合には、ディスクを買い足すなどの手間も発生する。これに対し、オンラインストレージでは、サービスとして提供されるため、利用者は容量をあまり意識することなく活用できる。ディスクが足りなくなった場合には、容量追加などを申し込むことで拡張してもらうことができる。オンラインストレージのサービスでは、セキュリティ対策に力を入れているケースが多い。法人向けのオンラインストレージでは、特に社内の重要データを扱う可能性が高く、セキュリティ面を気にされる可能性が高い。その為、セキュリティ対策を十分に取っているサービスが多くなっている。また、法人向けでは多くの社員などが同時にアクセスする可能性もあるため、これらの同時アクセスに対応できるように考慮されていることが通常となっている。また、オンラインストレージでは、自動でバックアップしてくれる機能なども充実していることが多い。その為、ディスク障害などでデータが消えてしまうリスクを抑えることもできる。

Copyright© 2018 オンラインストレージについて調べよう【企業の成長に役立つ】 All Rights Reserved.